「オール電化 = 安い」は過去の話?

結論から言えば、「オール電化」は今でも安いけれど、今なら他の選択肢もある、です。

オール電化のウリの一つは「ランニングコストが安い」ことでした。電気代がジワジワと上昇している今でも「ランニングコストが安い」は未だ健在です。しかし、オール電化一択ではなくなりつつあるんです。

資源エネルギー庁がまとめているエネルギー白書2018をもとに、各家庭の消費エネルギーをみてみます。

この数字は、消費エネルギー量をジュールという単位で示しています。日常に無い単位なので、数字を見ても直感的には分かりにくいと思います。そこで、誰でもわかる「お金」に換算してみます。

ここで、下記3パターンを考えます。

①オール電化住宅

②ガス併用住宅(1)(エコジョーズ)

③ガス併用住宅(2)(エコワン)

オール電化住宅とガス併用住宅の差は、給湯器と調理器具です。冷房、暖房、動力・照明はオール電化でもガス併用でも、機器は同じで変わりません。本来はオール電化プランの深夜電力料金と昼間の電力料金の差を考慮すべきですが、今回はちょっと乱暴に、機器が一緒なら同じ料金になる、と仮定して計算します。

給湯器がエコキュート、調理器具がIHクッキングヒーターの場合、オール電化になります。ガス併用住宅では、調理器具はガスコンロ。給湯器はいろいろありますが、今回は「エコジョーズ」と「エコワン」を考えます。

①オール電化住宅

安い深夜電力を使い、高い効率でお湯を作るエコキュートが、家全体の光熱費を抑えてくれます。2000円/月程度。一方、IHクッキングヒーターはランニングコスト対決をすると負けます。ざっくり2200円/月。

②ガス併用住宅(エコジョーズ)

IHクッキングヒーターが2200円/月だったのに対し、ガスコンロは1600円/月程度。ちょっとお安いんです。がしかし、給湯にお金がかかります。月々4800円。

③ガス併用住宅(エコワン)

ガス併用住宅の切り札、エコワンを使うと、エコジョーズに比べランニングコストが抑えられます。2300円/月くらい。

以上を表にまとめるとこんな感じ。

※エアコンCOP=5、エコワンヒートポンプCOP=6、エコキュートCOP=2.4で計算

オール電化、ガス併用のランニングコスト差のほとんどが給湯器で決まります。ガスが高いってイメージを持っている人が大半だと思いますが、昔から使われているガス給湯器や、それがちょっと高効率化したエコジョーズでは、イメージ通りランニングコストが高いです。

大切なのはここからで、エコワンを導入すれば、オール電化と同等かそれ以下のランニングコストに抑えることが可能なんです。

エコキュート、エコワンの金額やガスの単価によっては上記のような計算結果にはならないこともありますが、一度細かに検討するとよいでしょう。

ゴロウ

g-takagaki@collabohouse.info

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です