そもそもエコワンってなんなの?

エコワンってなんですか?」

そんな方もいらっしゃるでしょう。これまでにも何度が解説を試みていますが、今一度、エコワンとはなんぞ?を説明します。


【エコワンとは】

エコワンは給湯器です。見かけはこんな(↑)感じ。エアコンの室外機みたいなやつと、背の高い何か四角いヤツがセットになっています。

お風呂や台所のお湯を作る機器です。エコキュート(写真左)や、ガス給湯器のエコジョーズ(写真右)がその仲間になります。こう見ると、エコワンエコキュートにとても良く似ています。

 

【エコキュート】

エコキュートは、電気でお湯を作る給湯器です。むか~しむかし、電気温水器という機器がありました。アレは、乱暴に言えば電気ストーブで水を暖めるような機器で、10の電気を使って9〜10のお湯を作ります。それとは打って変わってもっとずっと高効率なのがエコキュート。熱はヒートポンプというテクノロジで作りますが、これが優秀で、10の電気を使って20とか30くらいの熱をゲットできるんです。お得ですね。

ヒートポンプというのは、その名の通り「熱」を運ぶ「ポンプ」です。ポンプを動かす電気が10だったら、運ぶ熱が20とか30になる、という仕組みです。

電気を使ってお湯を作るなら、電気温水器みたいな仕掛けではなく、ヒートポンプを使ったエコキュートを採用したほうがいいですよね。そりゃそうです。お安いですから。

そんな事情で、エコキュートはとても多くの家で採用されています。

エコキュートの良いところは、その高効率な点です。ただし、熱源のヒートポンプは、火力が弱く、お湯を作るのに時間がかかるのがデメリットです。弱火でグツグツという感じ。そのデメリットを補うため、人があまり活動していない深夜にお湯を作るようにしています。そしてなんと、深夜の時間帯は電気が余っていた電力会社が、「深夜電力料金」として安く電気を売ってくれるプランを作りました。色々と利害が一致しちゃったんですね。その恩恵には授かるべきだと思います。

深夜に、安い深夜電力を使って大きなタンク(370L、460L〜)にゆーっくり8時間かけて70℃〜90℃のお湯を作る。それがエコキュートです。

 

【エコジョーズ】

エコジョーズはかんたん。ガスを使った瞬間湯沸かし器です。チッチッチッチッボーと音を立て、10〜20℃程度の水をあっという間に50℃以上のお湯に沸かしあげてくれます。ただのガス給湯器を、色々と工夫して効率を上げたのが「エコジョーズ」です。

 

延々と前フリしてきましたが、やっと本題。

「エコワン」ってなんだろう?

エコワンは、前述のエコキュートエコジョーズのハイブリッドです。エコキュートとエコジョーズが合体しています。電気を使ってヒートポンプで40℃〜60℃のお湯をつくり、100Lのタンクに貯めます。タンクを使い切って水温が下がったら、補助熱源のエコジョーズが動き出しお湯を作ります。仕組み上お湯切れがありません。

決定的に違う点が1点あります。それは、使う電気です。

エコキュートは格安の「深夜電力」が前提の給湯器でしたが、エコワンは違います。従量電灯と呼ばれる、時間に関係なく単価が変わらない電気料金プランで使うことを前提としています。つまり、いつお湯を作っても、電気の単価は変わりません。安い深夜電力は利用しません。

それじゃ高くなるよね?!

いいえ。タネも仕掛けもあって、高くなりません。

エコキュートに比べ、タンクが小さくお湯の温度が低いため、

・お湯を溜めてる間の熱のロス(逃げちゃうやつ)が少ない

(※すぐお湯を使うから)

・ヒートポンプが高効率で動き、10の電気で50の熱をゲット

(※ヒートポンプの特徴。低温の方が高効率)

 

という特徴があります。

電気料金単価
 深夜電力 : 16.8円/kWh (再エネ賦課金込)。
 従量電灯 : 26.5円/kWh (再エネ賦課金込)。

ヒートポンプの効率(COP値)
 エコキュートヒートポンプ : 2 程度
 エコワンヒートポンプ   : 5 程度

この数字を使って、ヒートポンプのランニングコストがどのくらいの差になるのか、計算してみます。

100kWhの熱を得るための電気代 
 エコキュート(COP2) : 840円。
 エコワン(COP5)   : 530円

純粋に電気だけで比較したら、昼夜問わず電気でお湯を作るエコワンの方が安いです。

ただし、エコワンの場合はタンク容量が100Lしかありません。タンクのお湯を使い切るとエコジョーズ(ガス給湯)部分が稼働してガスを消費するので、実際の生活では、ガス代もかかります。ヒートポンプの稼働率が上がれば上がるほど、光熱費を抑えることができるわけですが、実際にどのくらいのバランスで電気とガスが使われるのか?気になりますね。

ということで、次回、高垣家で使っているエコワンのランニングコストを大公開します!ほぼ1年分が蓄積されたので、参考になるかも。

のゴロウ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です