知らなかった!正しいエアコン容量の選び方

 

ある家電量販店でのやりとり。

 

 

はい、アウト。

なにがどうダメなんでしょうか?

 

考えてみてください。そもそも、26畳用のエアコンってなんでしょう?どんな家の26畳なんでしょうか?冬、スキマ風だらけのあの実家のような、断熱も気密もあったもんじゃない家の26畳?しっかり断熱され、しっかり気密がとれている家の26畳?どちらも同じ「26畳」の広さですが、全く同じ扱い?そんなはずありませんよね?

本当に見るべきは、「定格冷房出力」「定格暖房出力」です。エアコンの冷やす力、暖める力を示す数値で、この数字が大きければ大きいほど、部屋を冷やしたり暖めたりする力が強いことになります。

 

ここで唐突に、家の断熱性能を示す数字「Q値」がとても便利です。というのも、Q値に床面積と温度差を掛けると、熱量が計算できるんです。

「Q値」は、室内と外気の温度差が1°Kのとき移動する熱量を床面積で割ったものです。
  たくさん熱が移動してしまう = 断熱性能が低い
  移動する熱量が小さい = 断熱性能が高い、
ということで、値が小さければ小さいほど断熱性能が高いことになります。

そして、ここ、とても大事なところですが、2020年にはQ値が2.7よりも大きい住宅はほぼ建てられなくなります。すべての新築住宅のQ値が2.7よりも小さくなることが確定しています。

 

以上を前提に、条件は下記にて24畳のLDKに必要なエアコンの容量を計算してみます。

24畳 = 40㎡

冬の最低気温の平均 = 5℃

冬の室温 = 21℃

Q値 = 2.7 [W/㎡・K]

 

熱損失 = 2.7 x 40 x ( 21 ー 5 ) = 1728  [W]

これは、エアコンをつけっぱなしで動かす場合に必要な定格暖房出力です。1728[W] = 1.7 [kW]。下の表は、Panasonicのカタログから抜粋した、各機種の定格冷暖房出力と、価格.comでの最安値をまとめたものです。この表によれば、24畳の部屋に必要なのは、定格暖房出力が最も小さい2.5kWのエアコン = 6畳用エアコン、ということがわかります。

 

これを見れば、冒頭の、断熱性能を確認すること無く新築の家の24畳の空間に26畳用エアコンを提案することが、どれだけズレた提案か、わかると思います。逆算すれば、26畳用エアコンが出せる熱で暖められる面積は、

暖房面積 = 9500 ÷ 2.7 ÷ ( 21 ー 5 ) = 219.9 [㎡]

220㎡ ≒ 132畳分の空間を暖める程の熱を供給することができるんです。それだけ過剰にパワフルです。過剰にパワフルな事は極端なデメリットではないですが、6畳用エアコンで十分だったものを26畳用エアコンを買ってしまった場合、

262,170 [円] ー 159,831 [円] = 102,339 [円]

10万円も余計に支払う事になります。これはさすがに極端なデメリットです。

 

ちなみに、6畳用エアコン一台で賄える面積は、

暖房面積 = 2200 ÷ 2.7 ÷ (21-5) ≒ 50 [㎡] ≒ 30畳

2020年以降の家(断熱等級4以上)なら、最低の断熱レベルでも、6畳用エアコン1台で30畳までの広さを暖めることができます。一般的な家で30畳よりも大きな空間はなかなか無いので、大抵の場合「6畳用エアコン」一台で事足ります。

 

「**畳用」という表記がどんな家をベースに決められたものなのかを考えず、ただ「そう表記してあるから」という理由で結果的に過剰な空調機器を勧めることを「仕方がない」と捉えるのか「勉強不足」と考えるのか、それは個人に依るところかもしれません。ですが、いずれにせよ損をするのは購入する人。

「知らない」ことをが原因で損するのは、避けたいですね。

 

 

のゴロウ

コラボハウス一級建築士事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です