わが家の床下事情

わが家は「床下エアコン」を採用しています。
床下エアコンといっても、特別な機械を入れているわけではありません。
普通のエアコンを、床下に冷気・暖気を吹き込むように設置しているだけです。

断面はこんな感じ。
夏の間は床下の湿気が嫌なので、ドライ運転中です。

灰色の部分、コンクリートでできた基礎の部分は、
室内側、室外側、両面に断熱材を貼り付けています。
さらに、基礎の底の部分、土と接している箇所にも、
全面に断熱材を敷いています。

基礎全体を外気から切り離し、熱を貯めこんでおける場所にするためです。
そうすれば、室内の気温が安定する、という目論見です。

さて、どうなったかといえば、、、

引っ越し開始の19日からずっと、床下はドライ運転をしています。
相対湿度は55〜60%を維持。
気温は、以下のグラフの通り。

床下の気温は、日に日に下がっています。
24日ごろになると、徐々に気温の低下が鈍くなってきています。
もう少しで下がりきるのかなーと思ったところでデータが途切れています、、、
気になる。

ゆっくりゆっくりと、基礎に冷たさが貯めこまれている様子が見える、
と言えるでしょうか。

いずれにせよ、昨日載せた室温のような上下は無く、
床下の気温はひたすら安定しています。

昨日載せたデータは以下のとおり。
基本的には24時間周期の温度変化をしています。
ザックリと言えば、昼間は太陽の熱で室内が暖められ、
夜は冷える、というサイクルです。

家全体が床下の気温くらい安定してくれればなあ、という狙いで、
床下の空気を床上に上げようとしています。

今は、大きなものの片付けが一通り終わり、
比較的小さいものや書類や本の整理整頓に入っています。#妻に感謝!
生活も徐々に安定し始めていて、
「普段の生活の室温」が測定できています。
今の室温、床下の気温はどんな感じか、測定結果は追ってお伝えします。
そして、床下の安定した気温が床上の室温にどんな影響を与えるのか、
また調べてみます。

今日はひとまず、現状こんな感じです、の話でした。



のゴロウ(高垣 吾朗)

2 Replies to “わが家の床下事情”

  1. 最近拝見させて頂いており、凄く参考になります。
    弊社も床下エアコンを採用していますが、夏は使用していません。それは結露が心配だからです。実際はどうなんでしょう?またドライで運転していると、家の気温に関係してきますか?また冷房に比べると電気代が高くなりませんか?床下エアコンの夏の使い方についてご教授いただけますか?

    1. ご質問ありがとうございます。
      弊社、ということは同業の方でしょうか?

      床下エアコンは暖房時に威力を発揮しています。夏はほとんど使っていません。ときどき送風運転はしています。
      結露を懸念されているようですが、どの部位の結露を想定されていますか?断熱欠損していなければ、結露のリスクはなさそうに思います。

      ドライ運転に関しては、これもエアコンのドライ運転の方式によって室温への影響が異なるのでなんとも言いにくいところです。
      たとえば再熱除湿方式なら室温を大きく下げること無く除湿できます。
      弱冷房方式の除湿なら、あくまでも弱い冷房なのでやや冷えてしまうでしょう。
      おそらく居室側に設置したエアコンを運転させるのに比べ電気代が高くなるのでは?という意味だと思いますが、そのとおりだと思います。
      床下から床上に冷気を送り出すのは、結構大変です。放っておいたら実現しないので、あれこれと工夫が必要になります。その結果として電気代も上がってしまうでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です