エアコン室内機の立場


 ※DAIKINホームページより転載

シンプルでスッキリとした部屋に目出つメカ感。邪魔モノ扱いされて、見えない場所に押し込まれたりします。棚の影にされたり。格子で隠されたり。これっていいの?

 実は、やや困ったことが起こる場合があります。

棚や家具の上にエアコンを設置した時、例えば冬は暖かい空気を出来るだけ下に向けて吹き出すので、棚や家具にぶつかってしまいます。棚や家具は暖まりますが、気流が乱れて部屋全体に暖気が行き渡らなくなってしまいます。エアコンの下には棚や家具が無いのが理想です。

さらに工夫やこだわりが進んで、エアコンを隠したいがために、エアコンの正面に木の格子を作っちゃう場合。こうすれば、室内にはメカメカしいエアコンが見えないので、スッキリして良いです。が、こうするとどうなるか?

こんな風に、木の格子の先に暖気や冷気が上手く出ていけず、エアコンの周辺に留まってしまいます。すると、、エアコンのセンサーが、「あ、もう暖まったな(冬)」「あ、もう冷えたな(夏)」と勘違いして、室温が快適になる前に動作を止めてしまいます。図の、エアコンの上から入り込んでいる気流が、誤動作の元になります。。。
左の図は、格子の間隔をかなり詰めた場合で、完全にエアコン周辺だけで空気が巡ってしまうパターンです。これは、中に何かあるのかどうか見えないので、とてもスッキリ見える反面、そもそもエアコンが正常に動作しないです。
右の図は、格子の感覚を開けて、さらに気流に合わせて角度を付けた場合です。これなら、気流はどうにか外に向けて出て行くことが出来ますが、そもそもの「エアコンを隠す」目的が果たせず、中に何かある感満載になってしまいます。

エアコンは見えてしまいます。諦めましょう。。。と言うのは芸がないので、対策を幾つか。
こんなのがあります。
壁埋め込み式。


 ※DAIKINホームページより転載
http://www.daikinaircon.com/sumai/aircon/housing/wall/index.html?ID=itiran

もう一つは、床下エアコン。
エアコンを床下に入れてしまおう、というものです。
こうすればエアコンが室内に出てこないので、スッキリとした見た目を維持できます。
ただし、吹き出し口の数や大きさ、基礎の形、使い方等、検討課題がいくつもあるので、気軽にポンと入れるのはちょっと待ってください。

近年、全国で何人もの方が床下エアコンを採用し、多くのノウハウが蓄積され始めています。住宅専門誌(建築関係の人しか読まないようなマニアックなもの)でも特集が組まれるようになっているので、手探り状態ではなく、十分な検討をすれば上手く運用できる下地ができつつあります。

壁埋め込み式は、コラボスタッフの福岡の自邸でも採用されています。
ただ、ちょっと高価です、、、、(10畳用で30万円くらい?!)
床下エアコンは、これまでに2組のお客様の家で採用していただいています。
ただ、使い方が難しく、リスク含みの導入になるかもしれません。

なので、普段は格子で隠して、どうもまともに動かない、、、となれば、エアコンを使うときは格子を外しちゃう、という対策が必要かもしれません。下敷き的な、プラ板で格子の中の気流をコントロールする、という方法も、無くはないです。その辺りはご相談下さい。

何れにしてもコラボハウスでは一定の経験値があるので、興味のある方は担当者までご相談ください。

気になること、分からないことがあればお気軽にご連絡ください。
のゴロウ(高垣 吾朗)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
昨年12月19日、全国の書店およびAmazonにて「1時間でわかる省エネ住宅! 夢を叶える家づくり」発売されました!
Yahoo!ニュースの記事にも!→ http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20160108-00006441-biz_sinkan-nb
これから家づくりをしようと思っている方に向けた、省エネで快適な家をつくるためのエッセンスをあれこれ詰め込んだ本です。ご興味のある方は是非!詳細はこちらをご覧ください。→ http://www.sinkan.jp/special/house_building/
家を建てる前に知りたかった、、、を無くします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です