給湯費はどう変わる?

四国電力では、4月1日から深夜電力料金が28%増しの14.22円/kWhになりました。

オール電化は、ランニングコストが抑えられることがメリットでしたが、
それは全て、安価な深夜電力を有効利用することで実現していました。

深夜電力が値上がりする前/後で、
給湯にかかる費用はどう変わるのか?

条件)
 給湯に年間18GJのエネルギーを消費する
 エコキュートの実質のCOPは2.4とする
 エコジョーズの熱効率を95%とする
 
【エコキュート】
 前:1900円/月
   ↓
 後:2500円/月

28%UPは伊達じゃありません。
いままで2000円を切っていた給湯費用が、2500円です。

給湯器を、ガスと電気のハイブリッド、エコワンにすると、、

【エコワン】
 3500円/月

エコキュートの2500円には及びませんが、
結構低廉な価格になっています。

これが【エコジョーズ】だと、

 7000円/月

といったところ。
エコワンのほぼ倍。

かつては、ランニングコスト対決をすると
 1.エコキュート 2000円
 2.エコワン   3500円
 3.エコジョーズ 7000円

位なものでしたが、
深夜電力値上げを受け、
エコキュート と エコワンの差がぐっと縮まりました。
 ※順位に変更なし、、、

 1.エコキュート 2500円
 2.エコワン   3500円
 3.エコジョーズ 7000円

停電になったら全てが止まるオール電化。
一方プロパンボンベなら停電時でもガスは使えるし、簡単な自家用発電機があれば、
停電中でもエコワンを動かすことも可能です。

電気代はここ数年でどんどん上昇していますし、
将来どんな形になるのか分かりませんが、
今のままで行くと、深夜電力はもっともっと高くなっていく、かも。

もしそうなれば、エコキュートの、オール電化の
ランニングコストの優位性が完全に崩れます。

現状は、まだオール電化のほうが安くなるけども、、、
過渡期に突入、という感じでしょうか。

電気代、目が離せません。

気になること、分からないことがあればお気軽にご連絡ください。
のゴロウ(高垣 吾朗)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
昨年12月19日、全国の書店およびAmazonにて「1時間でわかる省エネ住宅! 夢を叶える家づくり」発売されました!
Yahoo!ニュースの記事にも!→ http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20160108-00006441-biz_sinkan-nb
これから家づくりをしようと思っている方に向けた、省エネで快適な家をつくるためのエッセンスをあれこれ詰め込んだ本です。ご興味のある方は是非!詳細はこちらをご覧ください。→ http://www.sinkan.jp/special/house_building/
家を建てる前に知りたかった、、、を無くします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です