採暖と暖房は違います

寒気がせり出してきて、一気に寒くなりました。
暖房器具を使い始めた方、たくさんいるのではないでしょうか?
わが家も急遽、エアコンを稼働させ始めました。

どの暖房機器、手段がいいのか書いていこうと思います。

、、、とその前に、
「採暖」「暖房」の違いを伝えておく必要があります。

日本の家の多くは「暖房」をしていません。
と言うと不思議に思われるでしょう。

殆どの人が家に暖房器具を持ち、冬の寒さをしのいでいます。
暖房していないなんてそんなはずはない、と思われるのも当然ですが、
本当なんです。

例えば「エアコン」「ストーブ」
本来の目的は全くと言っていいほど違います。

エアコンが暖めるのはその部屋全体の空気。
エアコンを動かすと室温が上がり、寒さを緩和します。

一方ストーブが暖めようとしているのは、
ストーブに当たっている人の体、です。
ストーブに集まる人の姿を思い浮かべてください。
結果的に室温も上がりますが、ストーブに集まるのは体を暖めるため、です。

どちらも「暖房器具」として認識されていますが、
人間が感じる寒さを緩和するまでのプロセスが全く異なります。

エアコンがやっていることこそが、実は「暖房」です。
暖房の「房」は部屋を意味していて、
エアコンのように室温自体の上昇を目的とすることが「暖房」なんです。

暖房することが可能な機器は、エアコンに加えて、ファンヒーターがあります。
ガス、灯油、電気によるファンヒーターは暖められた空気を吹き出し、
部屋全体を暖めることができます。

一方、ストーブで体を暖めることは、「採暖」になります。
昔で言えば「火鉢」や「囲炉裏」は採暖するための仕掛けです。

「暖房」するための大前提として、
高気密高断熱な住宅であることが必須です。
十分な断熱材を使い、隙間なく作られた家で初めて「暖房」ができるんです。

昔の日本家屋は、そうはいきません。
構造材の木の傷み防止の為、意図的にスキマを作っていました。
「暖房」なんて到底できません。
なので、長い間、日本人は「採暖」することで冬を乗り越えてきたんです。

住宅性能が向上しつつある今、
日本で本当の「暖房」が始まるかも。

異論、反論、気になること、分からないことがあれば、
お気軽にご連絡ください。

のゴロウ(高垣 吾朗)
g-takagaki@collabohouse.info



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です