窓ガラスの選び方

窓に使っているガラスにはLow-Eガラスというものがあり、2種類あります。

日射取得タイプ:断熱タイプとも言います。太陽の光を取り込む
日射遮蔽タイプ:太陽の光を遮る

これらは適材適所、家の方角に合わせて適切に選ぶと、
より快適な家が作りやすくなります。

それぞれの方角と、その方角に合ったガラスを考えます。

■ 南
 太陽の光をたくさん受ける
 光が入ってくる = 熱が入ってくる
 太陽の光は夏至は80°、冬至は30°の角度
 軒・庇によって太陽の光をコントロールすることができる
 適度に出した軒・庇は、夏、太陽の光を防ぎ、
 冬、太陽の光を遮ること無く室内に導き入れます

冬はたくさん太陽の光を取り込みたいです。
夏は太陽の光を遮りたいです。
どちらが優先されるでしょうか?
夏は、軒・庇で陽の光を遮っても、
地面の照り返しがキツい場所であれば、
遮熱タイプがいいかもしれません。
植栽等で照り返しがそんなに厳しくなければ、
日射取得タイプを使って、よりたくさん太陽の光を取り込むと良いです。
 
■ 北
 直接陽の光が入ってくることはない
 光が入ってこない = 熱が入ってこない
 冬、窓からは熱が逃げていくだけ

そもそも太陽の光は入ってこないので、
北からは熱が逃げるだけです。。
断熱タイプを使うべき。

■ 西
 夕方、西日がガンガン入ってくる
 横から射してくる光なので、軒・庇では防げない
 夏の夕方の暑さの元凶

真横からくる陽の光は、暑いし眩しいので、
とにかく防ぐ方向で。
日射遮蔽タイプを使うと良いです。

■ 東
 朝日がガンガン入ってくる
 横から射してくる光なので、軒・庇では防げない

 夏、朝はまだ気温が低めなので朝日が入ってきても大丈夫、、、ではない。
 朝、室内に熱が入り込んでしまうと、
 その熱は一日中室内に留まってしまう。
 夏の暑さの隠れた原因
西と同じく、日射遮蔽タイプが良いです。
まとめると、、
:場合による。
 冬は太陽の光で室内を暖めると暖房費を削減できるので、
 日射取得タイプ(断熱タイプ)が良いですが、
 夏の照り返しがキツそうな場合は「日射遮蔽タイプ」でも良いかもしれません。
西:日射遮蔽タイプ
:日射遮蔽タイプ
:日射取得タイプ(断熱タイプ)
これらを選べばよいといえます。
コラボハウス一級建築士事務所
高垣 吾朗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です