コラボの窓

熱だ熱だと騒いでます、高垣です。

突然ですが、今、コラボハウスで標準採用しているサッシは、
樹脂サッシです。

窓枠の部分が樹脂でできているものです。
何が良いのか?

熱を通しにくいんです。
断熱性能が高いんです。
夏涼しく、冬暖かい家を実現するためには不可欠です。

よく聞く「アルミサッシ」と比べてみると、、
アルミは、樹脂の1000倍も熱を伝えてしまいます。

アルミだけで作られたサッシは、ものすごーく熱を伝えてしまいます。
コンピューターの中身を覗くと、
熱を逃がすためにアルミの固まりを使っていたりします。

 ※赤い丸で囲んでいるやつ。アルミです。

そのくらい熱を良く伝えます。

冬なんて、
アルミサッシだったら大量の熱が、窓枠を通じて外に逃げてしまいます。
夏でも、
外の暑さが室内にどんどん入ってきます。

ああもったいない。

家の中から外へ逃げていく熱のうち、
アルミサッシを使うと、50%が窓から逃げていくことになります。
樹脂サッシにすると、なんと、20%にまで減ります。

時々聞く話ですが、住宅会社で
「うちは樹脂サッシを採用してますよ」
と言われて建ててみたら、
『アルミ+樹脂複合サッシ』だった!
なんて詐欺みたいな話。
これは本当にある話です。

樹脂サッシと複合サッシでは、
断熱性能には天と地の差があります。

今まさに家づくり真っ最中の方、
もし気になったら確認してみてください。

コラボハウス一級建築士事務所
高垣 吾朗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です