部屋を手軽に快適温度にする5つの方法

寒かった冬も終わり、
春がチラホラと顔を見せ始めたと思ったらまた寒い日と、
3歩進んで2歩下がるような日々が続いてます。

真冬の寒い時期はそろそろ記憶の彼方ですが、
3ヶ月もしたら、今度はムシムシとした梅雨がきて、
夏がやってきます。

夏。
蒸し暑いです。
高垣はとても暑がりの汗っかきなので、
夏、大好きー!とはいきませんが、
暑がりの汗っかきだからこそ、
どうやったら涼しくなるか(しかもお安く!)、
必死で考えてるんです。

部屋を効率よく冷やし、
光熱費を抑えつつも快適にするには、方法があります。

—————————————————————
1.太陽の光が室内に入るのを、部屋の外で防ぐ
2.窓を開けて熱気を逃がす
3.気温が最高に達する前にエアコンを付ける
4.設定温度27℃
5.サーキュレーターで部屋の空気をかき混ぜる
—————————————————————

これを実行するだけで、
部屋の温度を光熱費を抑えつつ快適にすることができます。

1.太陽の光が室内に入るのを、部屋の外で防ぐ
  太陽の光は猛烈なエネルギーを持っています。
  一旦部屋に入った太陽光は、「熱」として室内を暖めます。
  そもそも室内にその「熱」の元(太陽光)が入るのを防ぐことで、
  部屋がムダに暑くなるのを抑えます。
  スダレや、グリーンカーテンが良いです。
  室内のブラインドやカーテンは、効果無くはないですが、
  室内で防ぐよりも、室外で防ぐほうが効果はずっと大きいです。
   

2.窓を開けて熱気を逃がす
  炎天下に車に乗るときエアコンを付ける前に窓を開けて、
  社内の熱気を外に逃がしたことはありませんか?
  それと同じです。
  室温の方が外気温よりも高い場合は、
  まず窓を開けて空気を入れ替えると良いです。
   

3.気温が最高に達する前にエアコンを付ける
  エアコンは、スイッチを入れた時に最大運転が一番電気を食います。
  その後はノロノロ運転をして、
  時々思い出したように動いてまたノロノロ運転、を繰り返します。
  気温が上がりきった後にスイッチを入れると、
  アツアツの部屋を冷やすために、
  いつもより多めに最大運転してしまいます。
  「いつもより多めの最大運転」が減ればその分光熱費が下がります。
  ノロノロ運転のときよりも最大運転の時の方が、
  より効果的に光熱費を抑えられます。
  

4.設定温度は27℃
  よく巷では28℃を推奨されているエアコンですが、
  断熱性能が低い高垣の住んでいる賃貸マンションでは、
  27℃設定で快適、という感じです。
  これは暑がりの私の実感なので、
  各ご家庭で設定温度を調整すれば良いと思います。
  ただし、設定温度が1℃上がる毎に
  電気代が 10% 上がると言われているので、
  たとえ1℃でも体感的に上げられそうなら、
  調整しつつ上げてみることをオススメします。
    
  
5.サーキュレーターで部屋の空気をかき混ぜる
  サーキュレーターを天井に向けて風を送ると、
  部屋全体の空気がゆるやかに回ります。
  これが効くんです。
  上下の温度差が体感できるくらいに小さくなるんです。
  小さなエネルギーで部屋全体を冷やせていることになります。
  部屋の空気を循環させることがとても重要で効果的です。
  空気が動くと体感温度も少し下がるので、
  エアコンの設定温度を下げなくても良くなる、かもしれません。
  

いかがでしょうか?

聞いた事あるもの、はじめて聞いた事、色々かもしれません。
1はちょっと手間がかかりますが、
2,3,4はすぐにでもできると思いますし、
5のサーキュレーターは3000〜4000円程度で購入できるので、
結構手軽に室内環境を変えることができます。

じきやってくる夏に備えて、
こんなことあったなー、と思ってもらえれば。

今回は、今住んでいる家で何ができるか?をまとめていますが、
正しい知識を元に家を設計する、ということは、
今回挙げた話を家のデザインとして事前に取り込める、
という事でもあります。
特に1。
夏の太陽の光が室内に入ってくる前に、
建物の形で防いでしまう、ということができます。
設備として事前に付けてしまう、という選択肢もあるんです。

部屋を手軽に快適温度にする5つの方法、
試してみてください。

コラボハウス一級建築士事務所
高垣 吾朗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です