住宅と健康

住宅」と「健康

これまでは、この2つが揃うとなんだか怪しげな印象を持っていました。
壺を売られそうな、そういう印象です。
ですが今では、考えを改めつつあります。


※写真はイメージです

先日、近畿大学の岩前篤教授のセミナーを受講する機会がありました。
岩前教授の専門は「住宅と健康」。
眉唾だなーと思いつつ聞いていましたが、
軽妙な語り口とその内容に、徐々に惹き込まれます。
その中で出てきたキーワードを自分なりにまとめてみようと思います。

——-

「室温」と「健康」は、確かに関係があります。
寒い日が続けば体も冷え、代謝が落ちたり、
その結果体調を崩したりします。
体が冷えれば抵抗力も落ちます。
風邪もひきます。
これは誰しもが同意できるところだと思います。

そして、「室温」と「住宅」は、密接に関係があります。

ここで住宅の断熱性能に目を向けます。

下記3パターンの各断熱等級の場合の
自然室温(冷暖房しない場合の室温)の変化のグラフを見ます。

 等級3:住宅性能に本当に無関心な住宅会社の住宅の断熱レベル
 等級4:最低限守るべき住宅性能。一般的な住宅会社の住宅の断熱レベル
 トップランナー基準:コラボハウスの標準仕様

断熱のレベルが変われば、最低室温が変わります。

「住宅」が変われば「室温」が変わる。
「室温」が変われば「健康」に影響が出る。
この関係は、なんとなくでも納得してもらえると思います。

では次。
どのくらい影響が出るのか?です。
岩前教授は、ここのデータを解析し、示しています。

ある期間に引っ越しをした人2万人に聞きました、
というアンケート調査をしたそうです。

引越し先の住宅の断熱性能が「等級3」「等級4」「トップランナー」の3パタンで、
それぞれ、どの程度の人が病気が治ったか、体調が良くなったか?
を聞いています。

その結果がコレ。

断熱性能の高い家の方が、より健康になった、と言っているんです。
下記の症状について、です。
 「気管支喘息」
 「喉の痛み」
 「せき」
 「アトピー性皮膚炎」
 「手足の冷え」
 「肌のかゆみ」
 「目のかゆみ」
 「アレルギー性結膜炎」
 「アレルギー性鼻炎」

数十人や数百人の調査なら、まだマユツバですが、
この調査は2万人を超える人を対象としています。
相関があることは認めないといけないかもしれません。

正直、まだまだ色々な因果が考えられるので、
生のデータを見てみたい衝動に駆られますし、
100%鵜呑みに出来るほどには腹に落ちていない部分もあります。
ですが、住宅性能と健康。
どうやら関係があるようです。

もし興味があれば、高垣の話を聞いてみてください。

コラボハウス一級建築士事務所
のことなら 高垣 吾朗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です